花粉症に効くので有名な漢方茶

花粉症に効くことで有名な漢方茶は五味子(オミジャ)茶というお茶です。

 

美容と健康にこだわりのある韓国のお茶で、赤い五味子の実から作られています。お茶は淹れると赤い色をしています。

 

花粉症漢方茶

 

 

五味茶は、その名の通り、甘味、酸味、苦味、辛味、塩辛い味5つの味がする実からできたお茶。

 

不思議なことに、その日の体調によって感じる味は酸味を強く感じたり、苦みを強く感じたり、変わるのだそう。

 

 

同じ家族で飲んでも「酸っぱくて飲めないよ!」とか、「苦いお茶だね」とか違う味を表現します。不思議ですね。

 

五味子は特に肺に効き、肺が丈夫になって花粉症も改善します。効能に鎮咳作用があるのです。ほかにも、滋養強壮、疲労回復、ビタミンCがレモンの8倍と豊富なので、しみ予防等があります。

 

 

五味子は、花粉症で処方される漢方薬でも使われている

 

漢方薬は体の中の

  • 「気」の通り
  • 「水」の通り
  • 「血」の通り

 

を整えることが大切だという考えがあります。

 

花粉症漢方茶

 

 

これらがどこかに止まったり、流れが自然ではなくなると体調不良を起こすという考えです。

 

冷えは水の流れをとどまらせるので、よく体を冷やすのは良くないと言われますよね。

 

 

五味子は体を温めて水分代謝を調整し水の通りを整えます。アレルゲンを除去していく花粉症のスタンダードな漢方薬「小青竜湯」の成分になっている事からも、その効能が期待できます。

 

小青竜湯は総合病院でも良く処方されますし、チェーン店の薬局でもわかりやすい場所に陳列されていますね。比較的飲んでいる方が多い漢方薬です。

 

 

花粉症に効果が期待できる五味子は販売されていない?

 

子供でも飲めるのに花粉症への効果が高く副作用もない漢方茶の“五味子”。

 

「効くなら実だけ欲しい!」と思うのですが、漢方処方の原材料、生薬なので実として市販されることはありません。

 

 

「苗ならホームセンターや通販でも売っているので、頑張れば庭で苗から育ててお茶にして飲めるか、、、」とも考えましたがちょっと現実的ではありません。^^;

 

苗もを買ってたくさん育てても、どのくらいの量が取れるか分かりませんし、途中で枯らしてしまうのではないかという不安もある。育て方によって、実の出来もムラがありそうですしね。

 

花粉症漢方茶

 

 

やっぱり確実に有効成分を摂り入れたければ、漢方薬を処方してくれる医院で診察を受けて相談するのが1番早そうです。

 

漢方茶は医薬品の部類に入るので、一定の有効成分が保証されているお茶になります。

 

 

「副作用がないけど、医薬品じゃなきゃ嫌!」という人にオススメ。

 

相性さえ合えば、花粉症にもばっちり効きそうですね。

 

 

>>花粉症に効くお茶!【鼻炎ランキング】 TOPへ