妊婦さんの花粉症にお茶が良い理由とは…

薬の服用に慎重にならなくてはいけない妊婦さんだとしても、花粉症はなんとかして止めたいですよね。

 

私も経験があるので分かります。汗

 

 

当時は花粉症にお茶が効くと知らなかったので只々耐えてましたが、今なら自信を持ってお茶を勧められます^^

 

妊婦さんの花粉症対策にお茶が良い理由を3つ紹介しますね。

 

妊婦さんでも飲める、花粉症に効くお茶ランキングはこちら

 

 

お茶には副作用がなく、他の薬と併用できる。

 

内服薬に比べて、お茶には副作用がありません。

 

妊婦さんが内服を飲むのが良くない理由は、多くの薬の説明書に「妊婦への投与に安全性は確認されていない」と書いてあるからなんですね。

 

妊婦花粉症お茶

 

 

また、妊婦にとってはほんの数グラムの薬でも、胎児にとっては体重当たりの量が何百倍にもなってしまい、どのくらいの副作用が現れるかんて未知数だからなのです。

 

さらに、胎児はママのおなかの中で日々発達していっています。体が出来上がっていないところに、薬が血液に乗って流れてきてしまうなんて、こんなに怖いことないですよね。

 

 

お茶であれば副作用がないし、薬効が胎児に伝わることもありません。それに、花粉症対策にお茶を飲んでいたとしても、他の薬との併用が可能なんです。

 

妊婦さんでも風邪をひいたときは一定の月例を過ぎていれば、婦人科の先生が出す薬を飲むこともあります。

 

 

さらに、お茶もオーガニック素材を選べばより安全性が高く、赤ちゃんにも農薬などの成分が伝わる心配もなく安心です^^

 

 

お茶成分のテアニンにはリラックスやホルモンバランスを整えてくれる効果が

 

妊婦はホルモンのバランスがそれまでと変わるため、イライラしたり、落ち込んだりしがちです。いわゆるマタニティーブルーというのは、ただ妊娠が不安なのでは無く、ホルモンが作り出しているという部分もあるのです。

 

赤ちゃんがおなかに宿り、夫婦ともに幸せでいっぱいであるべき時期が、イライラや不安でいっぱいなんて、こんなに残念なことはありません。この時期に旦那さんに当たり散らし、夫婦げんかが絶えなくなるというのもよく聞く話です。

 

妊婦花粉症お茶

 

 

お茶に含まれるテアニンという成分はリラックス効果があったり、ホルモンバランスを整えるという、嬉しい効果があります。
この成分が効けば、妊婦さんの苛立ちも軽減し、夫婦関係の改善に一役買うかもしれませんね。

 

 

お茶が花粉以外にも効果を表す一面です☆

 

 

カテキンやサポニンには殺菌・抗菌作用があり、血流を改善し免疫力を高めてくれる

 

お茶の生産量日本一の静岡県が、健康寿命で女性1位、男性2位になっているのはご存知ですか?実はお茶にはそれだけ免疫力を高めてくれる効果があるんです。

 

カテキンに殺菌作用があるというのはもう有名な話ですよね。

 

  • インフルエンザ予防にお茶でうがいをしよう、
  • 毎日風邪の患者さんを診察している小児科医がお茶うがいをしている
  • 園児の風邪予防にお茶うがいを薦める幼稚園がある

 

という話もよく聞きます。

 

 

一方サポニンは抗菌力に優れています。ナチュラルキラー細胞を活性化させ、活性酸素やアレルギー物質をブロックし免疫機能を強化します。

 

胎児花粉症お茶

 

 

お茶に含まれているカテキン、サポニンは血流を改善し、免疫力を高め、風邪もひきにくくなるそうです。

 

 

妊婦は風邪をひいても気軽に薬を飲むことはできませんから、お茶で体が強くなるのなら、こんなに嬉しいことはないですよね。

 

体が温まるのも、子宮や胎児を温めることができて、嬉しい作用です。

 

 

 

以上、妊婦さんが花粉症対策をするのにお茶が良い理由でした。

 

私達日本人の身近にあるお茶がこんなにも健康増進効果があるなんて、花粉症でお茶を飲もうと思うまで全く知りませんでした^^;

 

 

花粉症の時だけでなく、もっと色々な場面でお茶と接していきたいですね♪

 

 

>>花粉症に効くお茶!【鼻炎ランキング】 TOPへ